ニュージーランドの銀行 ASB Bankの口座を開設しました

2018年6月5日

ニュージーランドの銀行 ASB Bankの口座を開設しました。

口座を開設したのは、ずいぶん前のことです。
知人にどこの銀行に口座を作ったか聞かれましたので、
備忘録も兼ねてブログに書くことにしました。

ニュージーランドの銀行というと思い浮かぶのは、
KIWI Bank,ANZ,BNZ,ASBなどいろいろあります。

銀行口座はどこに作るのが良いのか、
口座を開設する前に「おすすめのニュージーランド銀行」というキーワードで
検索もしてみました。

いろいろ見ても最終的にどこが良いのか決めてになるものはありませんでした。

それなのになぜ、ASB Bankにしたかというと、
家賃の支払先がASBだったから。

理由はいたって単純なものです。(^^;

もうひとつ理由をあげるとしたら、
いろんなニュージーランドの銀行の口座の開き方を調べて
ASBが一番やりやすそうだったから。

ほかの銀行と比べて予約がいらないところがいいですね。

どこの銀行もそうですが、
住所証明が必要になります。
公共料金の郵便物など用意する必要があるのですが、
ASBでは、「口座を開きたい。住所証明はない」と伝えると、
住所証明となる郵便物を発送してくれるのです。

郵便物は、一週間以内に届きます。
その郵便物を持って、ASBに行くと口座の開設ができます。

銀行開設に必要な持ち物

・パスポート
・VISA
・学生なら学校からの入学許可書
・ASBからの郵便物
・携帯電話(日本の携帯でもよいですが、できればNZのSIMが入ったものが良いです)

事前に考えておくと作業がスムーズに進むこと

・パスワード2個
– マスターパスワード 英数字
 (開設の時に考え登録しましたが、普段つかうことはありません。)
– ネットバンキングのパスワード 英数字
・ネットバンキングのユーザー名 英数字
・カードの暗証番号 数字4桁

※パスワードとユーザー名の有効文字数など忘れてしまいました。
住所証明をお願いするときに、何文字まで有効なのかと、英字と数字の字数の決まったものもありましたので、
あらかじめ聞いておいて、口座開設の時にスムーズに進むようにしておくとよいです。
一番肝心なところを忘れてしまって申し訳ないです。

わたしのブログの情報を見て、ハッキングする人なんかいないと思いますが、
英字は6文字以上考えておくと良いです。英字の後に数字をつけますので、
字数は8文字以上になります。

携帯電話はインターネットバンキングを利用する際の登録で、
SMS認証をするために必要です。
インターネットバンキングを利用するだけなら、日本のSIMでも大丈夫ですが、
スマホにASBのアプリをインストールして使おうとすると、
日本のSIMでは認証拒否され対応できませんでした。

もっとも、PCでインターネットバンキングを使うときには、
都度、携帯認証を求められることはありません。

初回インターネットバンキング登録時のみSMS認証が必要です。
このインターネットバンキングの登録も、口座開設の時に行員の方が手続してくれます。

ASBのスマホアプリが使いたい方は、
NZのSIMのスマホを用意したほうが良いです。

ASBの行員が、アプリをインストールして設定をしてくれたのですが、
NZのSIMでなかったために認証エラーになり、
アプリが使用できるところまでは設定できませんでした。

ASBでは、VISA Debitのカードも作れますが、
無料ではなかったので作るのはやめました。

ニュージーランドで銀行開設するときの、参考になればうれしいです。