前のページ
TOP
次のページ

ニュージーランド(海外)から日本のTV、ポータルサイト(TVerなど)を見る方法

ニュージーランドに住んでいる人だけでなく、海外に住んでいる人が切実に(?)思っている
「日本のTVが見たい」
「日本のポータルサイトが見たい」
という思いを叶える方法をお伝えします。

日本のポータルサイトにつなげて、いざ動画を見ようとしても、
日本からのアクセスではありませんので、動画を見ることができませんでした。

日本でAmazon Fire TV Stickを購入して持ってきたのですが、
Huluなど見ようとしても、やはり住まいが日本でないので見れませんでした。

ニュージーランドに来てから、なんとかして日本のTVを見たいなと調べていましたが、
お金もかけずに見る方法がありました。

今回、ご紹介する方法は、日本のポータルサイト(TVerティーバー)などをパソコンで見る方法です。
リアルタイムに日本のTV放送を見る方法ではありません。

ご紹介する方法は、FreeWIFIではないネット環境がある前提でお話しします。
Auckland Library のFreeWIFIでは利用できません。
その他のFreeWIFIでは試したことがありませんので、もしかしたらお話しする方法が使えるところがあるかもしれません。

利用するのは、
VPN Gate 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト

ソフトのインストールなど、詳細が上記ホームページに記載されていますので、それを参考にインストールしてください。

実際につなぐ方法です。
①「SoftEther VPN クライアント接続」を起動します。

②「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー」をダブルクリックします。

③「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー一覧」から「国・地域」が「Japan」と表示されているところをクリックして、右下の「選択したVPNサーバーに接続(C)」ボタンをクリックします。

④もしエラーで接続できなかったら、③の一覧から違うサーバーを選びつながるまで繰り返します。
 一発でつながることはまれですので、何回も挑戦してみてください。
 私の場合は5回前後、多い時は10回前後③の作業を繰り返しています。

⑤接続が完了しましたら、TVerなどのポータルサイトを表示して、ご覧になりたい番組を再生してみてください。

※もし、せっかく接続したのに動画が滑らかに再生されない場合は、動画の再生をしている時に、
 「SoftEther VPN クライアント接続」を切断してください。
 ニュージーランドでのネット環境が高速であれば、滑らかに再生されるはずです。
 ちなみに私のネット環境は下り30MでWIFI接続していますが、再生スピードはぜんぜん問題ありません。

 まだ、TVerでしかこの方法は使っていませんが、TVerは、動画の再生をした瞬間の接続元地域をチェックしているようです。
 動画が再生されたら、途中で接続元が日本以外に変わってもチェック機能は働いていないようですので、動画の再生には問題ありません。

 ただ、1つの動画の再生が終わって、別のものを見たいときは、また「SoftEther VPN クライアント接続」で接続し直さなければならないのがネックです。

今は、SmartTVで、日本のTV、ポータルサイトを見る方法を模索しています。

日本の家に、数万円する機械を設置すると、海外でも日本のTVを見る方法があるようですが、
あまりお金をかけずに見る方法を探しています。

見ることができましたら、またご報告しますね。

ニュージーランド バスの乗り方 AT(Auckland Transport)の場合
ニュージーランド航空(AirNewzealand) 荷物は何kgまでOK?

関連記事一覧

デビットカードを使ってお金を引き出す時、おすすめのニュージーランドの銀行

日本の自分の銀行口座からNZドルを引き出すのに、デビットカードが便利ですが、 ASB、ANZ、BNZ どの銀行のATMを使うと良いのか経験談...

イースターホリデー 暇しています

昨日、3月30日からイースターホリデーが始まりましたが暇しています。 暇していますので、ネットサーフィンして一日過ごしています(笑) ネット...

ニュージーランド バスの乗り方 AT(Auckland Transport)の場合

ニュージーランドでのバスの乗り方です。 オークランドに住んでいますので、AT(Auckland Transport)のバスの場合です。 バス...

AT(Auckland Transport)バス 電車料金がとてもお得になる AT HOPカード

AT (Auckland Transport)のバスや電車の運賃がとてもお得になるカードが「AT HOP Card」です。 日本で言う「Su...

AT(Auckland Transport)公式サイトの良く見るページ

AT(Auckland Transport) の公式サイトで良く見るページのリンクを掲載しておきます。 個人的によくチェックするページです。...