前のページ
TOP
次のページ

バリスタの資格を海外で取るならだんぜんニュージーランドがおすすめ

バリスタの知名度は日本でもずいぶん上がってきましたね。
ここニュージーランドでもバリスタを求めているカフェが数多く存在します。

求人情報でバリスタを募集している案件がたくさんありますし、
カフェに行くとバリスタを探していると貼り紙がしてあることも多々あります。

そんなニュージーランドはカフェ文化が浸透していることとバリスタの国家資格があるということで、
英語を学びながらバリスタの資格を取るという留学生が数多くいらっしゃいます。

そんなわたしもバリスタのコースを学びました。
英語だけを勉強していても疲れますからね。

バリスタとは

日本ですとコーヒーを入れる人という意味合いが強いですが、
もともとバリスタはイタリア語でして、bar(バール)でサービスをする人のことを指しています。
ですので、コーヒーに限ったことではありません。

ニュージーランドのバリスタコースで学ぶのは、コーヒーについてとエスプレッソマシンを使った各コーヒーの淹れ方を習います。

バリスタの資格を海外で取るならだんぜんニュージーランドがおすすめの理由

わたしが、ニュージーランドでバリスタの資格を取ることをおすすめする理由は下記のとおりです。

・フラットホワイトというニュージー発祥のコーヒーについて学べる
・ショートブラック、ロングブラックなど日本でなじみのないコーヒーについて学べる
・カフェが多く、バリスタとして就職できる確率が高い
・バリスタの資格はニュージーランド国家資格

スポンサーリンク


Flat White(フラット ホワイト)とは?

ニュージーランドのカフェを訪れて、まずびっくりするのが

「Flat White」

ほとんどのカフェのメニューのトップに記載されていますが、初めてニュージーランドのカフェを訪れたときFlat White(フラットホワイト)ってどんな飲み物なの?と疑問に思うのが普通です。

Flat White(フラットホワイト)は、ニュージーランドが生み出したエスプレッソにきめ細かなスチームミルクを合わせた飲み物です。

コーヒーが苦くて苦手という方でも飲みやすい味になっていると思います。

わたしは、ブラックコーヒーが好きなのですが、このフラットホワイトのおいしさにも惹かれています。
ブラックコーヒーにミルクを自分で入れるのとはまったく味わいが違います。

しかし、お店によってはミルクの割合が多くてコーヒーの味が感じられないものもありますので、自分の好みにあったお店を見つけるのもひとつの楽しみですよ。

ショートブラック・ロングブラックとは

ショートブラックはデミタスカップにシングルショット。
ロングブラックは、チューリップカップにお湯を約1/3入れて、ダブルショット。

うまく言葉で説明できなっくて申し訳ないですが、ショットはエスプレッソマシンを使う時の入れ方です。
シングルショットは30ml ダブルショットは60mlになります。
エスプレッソマシンにそれぞれのショットボタンがあり、それぞれにあわせて入れます。

お店で、ショートブラック・ロングブラックを注文するとコーヒーカップとお湯がセットでテーブルに届きます。
お湯を足して、自分の好みの味にして飲みます。

ロングブラックは、テークアウェイすることはありますが、ショートブラックを持ち帰る人はあまりいないのではないかと思います。

ロングブラック、ショートブラックがどんな飲み物か知らない時に、
興味本位でカフェで注文したことがあります。

ショートブラックにはサイズの小ささに驚き、注文すべきではなかったとその瞬間は後悔しましたが、
実際に経験できたことは良かったと思っています。

ロングブラックとアメリカーノの違い

アメリカーノは日本ではアメリカンと呼ばれています。

ロングブラックもアメリカーノどちらも抽出したコーヒーにお湯が足されているのですが、お湯の量と入れ方に違いがあります。

わたしが習った方法に基づいてお話しします。

ロングブラック チューリップカップにお湯をあらかじめ3分の1入れてからダブルショット
アメリカーノ ミドルサイズのカップにお湯を半分いれてからシングルショット

この2つを飲み比べると、アメリカーノはコーヒーの味が薄すぎて私はおいしいと感じられませんでした。
自宅ではアメリカンをブラックで飲んでいるのですが、
このロングブラックとアメリカーノの2つは同時に飲み比べてはいけないと思いました。

この入れ方ですが、人によっては、ロングとアメリカーノではお湯とコーヒーを入れる順番が違うと説明されています。
この違いについては、いろいろお店を回って確かめたいと思っています。

スポンサーリンク


ニュージーランドの生活費について。水道水の1ヶ月の料金はこれぐらいです。
海外送金の着金までの日数。ASB Bankから三菱UFJ銀行に着金するまで

関連記事一覧

翻訳74言語対応。ポータブル翻訳機ポケトークの価格と使い方

一時SMAPの草彅 剛さんがCMに起用されて話題であった翻訳機「ili(イリィ)」に代わって、今とても注目している翻訳機は、 夢のAI通訳機...

Uber eatsの$10クーポン!このUberEatsのクーポンを利用すると$10安くなります

こちらのページにニュージーランドのクーポンを集めています。 「Uber」 ニュージーランドに来て長期滞在している人で、 この言葉を知らない人...

トーキングマラソンはスピーキングを上達させるアプリです

英語をマスターする為には、 4つのスキルを学習しなければなりません。 Reading  リーディング Writing  ライティング Lis...

海外ドラマ The Crossing 未来からの漂流者 にはまっています

今まで、海外ドラマの話題にふれてはきませんでしたが、実は海外ドラマ大好きです。海外ドラマだけでなく洋画も好きです。 初めて見た海外ドラマは「...

デビットカードを使ってお金を引き出す時、おすすめのニュージーランドの銀行

日本の自分の銀行口座からNZドルを引き出すのに、デビットカードが便利ですが、 ASB、ANZ、BNZ どの銀行のATMを使うと良いのか経験談...