前のページ
TOP
次のページ

ニュージーランドの電圧、コンセント、プラグ形状とオススメの変換機・変圧器

ニュージーランドのコンセント・プラグ形状と電圧は、日本とは違います。
ニュージーランドに行く前に確認しておくと安心です。
どのような違いがあって、その違いを助けてくれる便利なアイテムについてまとめまてみました。

まず、コンセント・プラグについてですが、

ニュージーランドは「Oタイプ」(オータイプ)と呼ばれています。

海外通販サイトなどでは、「AU Plug」と表示されることもあります。

オーストラリア(AU)と同じ形状なのです。

 

ちなみに、日本は「Aタイプ」です。

海外通販サイトなどでは、「US Plug」と表示されていることがあります。

下記のように表にまとめました。

ニュージーランド 日本
形状 「O Type」
(オータイプ)
「A Type」
(エータイプ)
その他表記 「AU Plug」 「US Plug」

 

 

コンセントとプラグの形は写真の通りです。

 

コンセントの形状が違いますので、日本から持ち込んだ電化製品を使いたいときには、

変換アダプタが必要です。

変換アダプタはニュージーランドの家電ショップ、ディスカウントショップなどで購入することができます。ニュージーランドドルで、10$から20$ぐらいです。

ニュージーランドで購入しても良いですが、一つ日本で購入して持っていくと安心です。

 

次に電圧についてですが、下の表のとおりです。

ニュージーランド・日本 電圧 比較表

ニュージーランド 日本
電 圧 230V/240V 100V
周波数 50Hz 50Hz/60Hz

ニュージーランドは、230V/240Vですので、

日本の100Vとはまったく違います。

 

 

また、電圧が違いますので、使いたい日本の電化製品が対応している電圧を確認する必要があります。

 

例えば、上のACアダプタの写真の電圧の表示(Inputの部分と書いてある黄色い線の部分)を見ていただきたいのですが、これは、100V~240Vと書いてありますので、そのまま使えます。

しかし、これが「100V~」や「100V~110V」などしか書いてないものは使えません。
使うとどうなるかといいますと、ACアダプタの作りが良いものは壊れませんが充電など使うことはできません。
作りが良くないものは、「ボン」と音を立て煙の匂いが漂ってきます。
実験したわけではなく、「100V~」なら使えるかもと思ってやってみたらダメだった経験をしました。(^^;
もったいないことをしてしまいました。

そんな経験はして欲しくはありませんので、日本から持ってきた機器の電圧は良く確認したほうがよいです。

どうしても使いたい電化製品の場合は、メーカーに問い合わせて海外用のACアダプタがあれば、それを購入したり、ニュージーの電圧を日本の100Vに変換してくれる機器を購入して持っていくのも一つの手です。

ただ、変換の機器は電圧は変換してくれますが、何Wの電化製品まで対応しているか確認する必要があります。

今オススメは、下記の変圧機です。USBポートもついていますし、ニュージーランドの場合40Wまで対応。
2019年4月現在、変換プラグのおまけ付なので、イチオシ商品です。

 

ニュージーランドの銀行口座開設の仕方 ASB Bankの場合
Auckland ゴミを出す日と出し方

関連記事一覧

AT(Auckland Transport)のバス・電車・フェリーの料金が値上げになりました

AT(Auckland Transport)の料金が2019年2月10日より変更されました。値上げです。 対象は、バス、電車、フェリーです。...

イースターホリデー 暇しています

昨日、3月30日からイースターホリデーが始まりましたが暇しています。 暇していますので、ネットサーフィンして一日過ごしています(笑) ネット...

オークランドで写真を印刷したい時に便利なフォトプリントサービスができるショップ

「写真を印刷したい」と思った時に、日本であればコンビニやデパート、少し大きなスーパーなどでフォトプリントサービスがいたる所で提供されています...

フェイジョア(Feijoa)とは?食べ方と味について、ニュージーランドではじめて食べた感想

フェイジョア(Feijoa)とは、ニュージーランドではスーパーでも売っているメジャーなフルーツです。 日本だと「フェイジョア」と書かれている...

Auckland ゴミを出す日と出し方

ホームステイの方にはあまり関係ないかもしれませんが、個人で家を借りているとゴミを出さなければなりません。 Rubbish 一般のゴミは、週1...